卒業生の声

私が勉強面でも人間面でも大きく育ったこの場所で、みなさんも一緒に学びましょう。

中野先生を推薦します!
私が勉強面でも人間面でも大きく育ったこの場所で、みなさんも一緒に学びましょう。

まずはじめに、この啓学院はとても親身になって教えてもらえるとてもいい場所であるということです。
私は小学校4年生から入ったこの塾で6年間教わりましたが、そのすべての期間が無駄にならない有意義なものでした。
この塾のおかげで、小学校から中学校までテストでは好成績を収めることができ、高校は関西学院高等部に、大学も同学の商学部に第一希望で入学することができました!
短時間での高密度な勉強のおかげで受験勉強にも打ってつけです。また塾の同期生のレベルが高く、よき友、よきライバルとして切磋琢磨してお互いの更なるレベルアップをしてきました。
自分の学力に自信の無い方、受験に悩んでいる方、今からでも遅くはありません。私が勉強面でも人間面でも大きく育ったこの場所で、みなさんも一緒に学びましょう。


塾を通して素晴らしい仲間もできました。

中野先生を推薦します!
塾を通して素晴らしい仲間もできました。

僕は中学校1年生の時に啓学院に入りました。
きっかけは友達が入っているからという理由で入りました。
はじめはあまり出来なかった勉強が、啓学院に入ってから少しずつ向上していき、1年生の最後のテストで10位以内に入ることができました。
そして高校入試では、第一志望の学校へ進学することができました。
それができたのは、家でも勉強する習慣をつけてくれたからだと思っています。
啓学院の良い所は、分からないところがあれば、とことん教えてくれるところです。
また塾を通して素晴らしい仲間もできました。


社会に出ていくために必要な人間性なども学ばせていただきました。

中野先生を推薦します!
社会に出ていくために必要な人間性なども学ばせていただきました。

僕が啓学院に入ったのは中学2年の4月でした。それまでは、勉学の楽しさを見出すことができず、将来に不安を持ち、何をするにもやる気が出ませんでした。
そんな僕に、勉学の楽しさ、大切さを教えてくれたのが啓学院塾長でした。
今まで知らなかったさまざまなことを知り、何にでもチャレンジしていく精神、また勉学以外にも社会に出ていくために必要な人間性なども学ばせていただきました。
啓学院で学んだことは、今現在でも、また社会に出た時にも、自分の力になってくれると思います。


啓学院の魅力は、疑問があれば、理解できるまで、とことん教えてくれるところです。

中野先生を推薦します!
啓学院の魅力は、疑問があれば、理解できるまで、とことん教えてくれるところです。

私は小学校4年生の時に啓学院に入りました。兄が同じ塾にいるからという軽い気持ちで入ったことがきっかけでしたが、今思い返せば、あの時私もこの塾に入って本当に良かったと思います。
それは家でも勉強する習慣がついたからです。私が高校大学ともに第一希望の学校へ進学することができたのは、小・中学生という早い時期に勉強を習慣づけてくれたおかげだと思っています。
そして、今も夢を叶えるため、塾長の「人間、勉強に次ぐ勉強!」という叱咤激励の言葉を頭に浮かべ、毎日、勉強を続けています。
啓学院の魅力は、疑問があれば、理解できるまで、とことん教えてくれるところです。また学びの場だけではなく、塾を卒業してからも、気軽に訪れることができる温かい雰囲気があるところも、啓学院の魅力だと私は感じています。


啓学院の特徴は、先生と生徒の距離の近さにあると思います。

中野先生を推薦します!
啓学院の特徴は、先生と生徒の距離の近さにあると思います。

啓学院の特徴は、先生と生徒の距離の近さにあると思います。それだけ生徒たちに親身になって教えていただけるということです。
一般に子供たちは「塾」と聞くと勉強をさせられる、ひたすら勉強漬けの時間を過ごすなど、あまり良いイメージを持たないかと思います。しかし啓学院では先生と生徒はもちろん、生徒同士も仲がとても良いので、よい雰囲気で学びあうことができます。
実際に僕も勉強をさせられているという気持ちは全くありませんでした。「勉強」に対するイメージが大きく変わると思うので、一度体験入塾からでも、おススメします。
現在、僕自身が啓学院でチューターとして、塾生の皆さんに勉強のアドバイスをしています。いつも変わらぬ啓学院の、勉強しやすい雰囲気がここにあります。


テレビなどで大活躍中の天気予報士 蓬莱大介さんも当校の卒業生です!

中野先生を推薦します!
テレビなどで大活躍中の天気予報士 蓬莱大介さんも当校の卒業生です!
蓬莱大介

プロフィール

1982年4月23日生まれ。
兵庫県明石市出身。
 
大学時代に書店で偶然気象予報士の資格を知り、気象予報士に。
2011年3月から読売テレビ「かんさい情報ネットten!」で天気予報を担当。
また、同年4月からは「情報ライブミヤネ屋」でも気象キャスターを務めている。
番組内では、気象のポイントをスケッチブックに自ら描いたスケッチで紹介し、子どもにも分かり易いお天気お兄さんとして活躍中。
今まで描いた天気のイラストは1000枚近くに及び展覧会も実施された。
 
オフィシャルホームページ:
http://hourais-office.co.jp/

僕が啓学院に入ったのは中学2年生の時です。中学1年生の時に学校の成績が約360人中、下から30番目くらいでした・・・。
当時の担任にこのままでは高校へ行けないかもと言われて、本気で勉強をしないとマズイ!となりました。
当時、友達の間で「二見にめちゃくちゃ詳しく教えてくれる啓学院という塾がある」と噂になっていました。
自分の性格上そういった所で叩き直してもらわないとだめだと思い、扉を開けたのが中学2年生の時です。
現在では僕の頃よりも勉強方針などは時代と共に変化していると思いますので、具体的な勉強内容はここでは省略します。僕が言えることはただひとつ!
それは、この塾がなければ、今の自分がないということです。お世辞抜きに本当にそう思っています。
 
僕は、この塾に入って勉強し、無事に明石西高校へ進学できました。高校に入ると気づいたら成績は上から30番まで上がっていました。
高校卒業後、1浪の末、早稲田大学政治経済学部に入学しました。総理大臣が輩出されるようなトップクラスの大学です。
さらに大学卒業後は、合格率4%の国家資格気象予報士にも合格しました。
すべて勉強のやり方の土台を作ってくれたのはここ啓学院です。20年ほど前、実際に僕は二見にいて必死に勉強していました。
今、二見にいるみなさんと条件は同じです。
ちなみに僕は今でも勉強するぞ!という気持ちの面では啓学院にいた頃と変わっていません。
大人になっても通用する大切なものもここでは学べると思います。