啓学院進学教室で成績が上がる理由

【理由01】学校・クラスの授業進度に応じた予習・復習・テスト対策

学校・クラスの授業進度に応じた予習・復習・テスト対策生徒の通う学校・クラスの授業進度に応じた予習・復習・定期テスト実力テスト対策を施します。
基礎力をつけ学校の成績向上に主眼をおいた指導を実践しています。
(兵庫県の公立高校入試は所属中学校の内申点が評価の半分を占めます。)


【理由02】全教科学校の採用教科書に準拠した塾専用教材を使用

全教科学校の採用教科書に準拠した塾専用教材を使用理由1を実現するため授業の教材は、全教科学校の採用教科書に準拠した塾専用教材を使用しています。
基本→応用→入試問題レベルまで対応。進学塾にありがちな難問奇問は排しています。


【理由03】小中学生は週2回、英数理国社の5教科全てを指導

小中学生は週2回、英数理国社の5教科全てを指導基本的に小中学生は週2回(中学3年生は週3回)の通塾で、英数理国社の5教科全てを指導しています。
任意及び強制の補習も行い、学校進度に遅れることのないように対応しています。


【理由04】生徒一人一人に気を配った集団授業方式

生徒一人一人に気を配った集団授業方式集団授業方式ですが、授業中も生徒一人一人に気を配っています。
生徒からの質問を促したり、逆にこちらから当てて理解を確認します。
講師が古いノートを見ながら黒板にのみ向かい、生徒に背を向けるような授業ではありません。
必然的に生徒の私語や授業の妨害になるような行為は一切ありません。


【理由05】生徒の精神状態を念頭に置いた指導

生徒の精神状態を念頭に置いた指導思春期の生徒の精神状態が学習成果に大きく影響することを念頭に置きながら指導しています。
しかし、「ウザい」と感じられてしまったら逆効果なので、生徒個々に深く干渉し過ぎず、できる限り家庭環境も把握しながら、個人的にはさりげなく接して精神状態をつかむことを心掛けています。


【理由06】塾長自ら授業の指揮をとり、直接指導

塾長自ら授業の指揮をとり、直接指導授業だけでなく、確認テストや宿題の採点も塾長自ら行います。
塾長自ら行うことで、生徒一人一人の弱点を数値だけでなく、学習教科、単元ごとに細かく把握しています。
担当講師や教室責任者が頻繁に代わることがなく、生徒個人をしっかり把握したまま卒業まで責任をもって指導しています。
その他の従業員は、学生チューターが20名前後登録しています。
全員が当塾の卒業生で、資質身元がはっきりしている為、テスト前補習や自習アドバイザーとして責任を持って指導してくれています。